ニュース・プレスリリース

すべての脳は教育して、中国は新しい勢力を教育します

投稿日:2016-09-06 15:26 投稿者:admin PV:
すべての脳は教育して、中国は新しい勢力を教育します
――呉の総はKeylight北京研究開発センターの看板上げ式の上で挨拶します
“遠方から同じく言わなくに来る友達があります。”まず各位の到来に対して熱烈な歓迎と誠実な感謝を表します。今日、私達はこので集まって、国際と専門家を教育しておよび、ずっと教育する親切な人が共にKeylight北京研究開発訓練センターの開幕するイベントを祝賀するのに関心を持って、これはKeylight国産品の見直しが戦略第2段階順調に幕を開けるのを示して、8年の厚い積を通りをも意味して、Keylightすべての脳は教育するのは間もなく薄く出して、中国の教育する新しい勢力になります。
 
興邦国、必ず科学に盛んになります;科学に盛んになりたいと思って、必ず先に人材を育成します
俗に:“1歩の歩を積まないで千里に着くものがありません。”Keylightすべての脳の教育する発展がこの上なくちょうど良いをの形容するのに用います。8年前に、陝西大千教育管理有限会社の創立する初めは“Keylight全脳教育課題チーム”を創立して、そして西安福田幼児教育機構を基地にして試験(点)の教育を行います。私達は脳の科学が欧米国家で興りを知っていて、1989年、米国は真っ先に全国的な脳の科学計画を出して、1990年~2000年を“脳の10年”の計画に命名します;2年以降の1991年、ヨーロッパは“ヨーロッパの脳の10年”の計画を発表しました;1995年、世界保健機関は全世界で“脳の10年”のスポーツを展開しました。1996年、日本は20年のの“脳の科学計画の時代”を期間にするのをスタートさせるのを始めて、2003年1月、“脳の科学と教育”の研究プロジェクトをスタートさせました。今日まで、脳は日本で“国民全体の普及”の態勢を現しを教育します。我が国の脳の研究は20世紀の80年代の末にやっと始まったので、ほぼ初歩段階があって、先進国ととても大きいギャップがありを比較して、ここ数年に一定改善がありました。
Keylightすべての脳計画は段階に分けて我が国ですべての脳教育を推進する措置がありを目指して、もっと多い国民に脳の科学的な教育の研究成果で利益を得させて、それによって私達の“科学教育が国を盛んにする”の中国の夢に送別会をします。8年の怠らない努力と努力を経て、Keylightすべての脳計画の第1段階はすでに順調に実施して、この段階西安福田幼児教育機構を模範地区にして、日本池江教育研究院と協力して、導入して日本の教育の実行したことがあるすべての脳の教授法とすべての脳の教育の体系を通って、0―8歳の中、幼い子供に対して脳部を行って訓練して、そして追跡と調査をして、とても良い教育の効果を得ました。私達のいくつかの小さい学生はみごとに江蘇衛星テレビ《最も強い大脳》の人材バンクに選んで入れたに。フィード・バックするによって、すべての脳の訓練する子供を通って学校の学習の生活の中に、更に楽だも更に喜びに入っています。
 
道が阻むのはしかも長くて、行は着くでしょう
国境がないをの教育します。私個人はいかなる優秀な先進教育の理念を排斥しないで、かつ生活の中から必ず来なければならないをの教育するのをかたく信じて、生命の中でに向って行って、“天地に大きくて美しいのが言わないでがいる”、万事はすべて激励することができて、Keylightすべての脳の教育計画も第2段階のスタートこの前提に基づくで、脳の科学的な基礎を尊重する上に、人材に集まって、全世界の脳の科学的な領域の内の国際と専門家の深さに協力するように教育して、全国が強力に現在すべての脳の教授方式の基礎を広める上に、9―12歳のすべての脳の教授法と教育の体系に引き続き導入して延びて、すべての脳のカリキュラムが我が国K12と計画する完璧なドッキングを教育するのを実現して、もっと多い中国家庭に利益を得させます。
私の教育の初めの心源は自ら中日の文化交流の仕事の時の一回のきっかけに従事して、私に中国の幼児教育の理念と欧米日などの先進国のギャップまで(に)感激の気持ちを同じくさせます。古今昔の賢人が一回止まらないで“国を興しを教育するのに言及して、教育は国を盛んにします”の正しく確実な見通し。1名の国民として、1人の母として、内心のわき返る責任感は私に道義上後ろへは引けないでこの“道が阻むのがしかも長い”の教育の旅に足を踏み入れさせて、ますます収拾がつかなくなってこの事業をも好きになりました。その他の業界とと違い、教育業の生まれつき備える使命感と崇高な感、私に選ばせている初めは自分で1つの準則を決めるため:公益の心で行ってこの職業に従事します。
Keylightすべての脳の教育も例外でないをの計画して、もっと良く私達の第2段階の所期の目標が成立するため――もっと多い家庭に利益を受けさせます。こので、私はKeylightが一対一で協力して基金プロジェクト正式に起動するのを宣言して、私達は未来恐らく協力する都市に対して計画して、例えば北京、成都、南京、杭州、太原など、50万起動資金の支持を与えて、各都市のすべての脳の担任教師の育成訓練と教学研究の教具のなどの仕入れを行いに用います。未来、Keylight北京研究開発訓練センターは国際すべての脳を担っていてと専門家の交流して、研究開発する職責を教育するだけではなくて、また(まだ)中国全脳教師育成訓練大本営の機能を担っています。私は池江先生のはじめとする教学研究チームの努力してがおりるでで信じて、必ずKeylight北京研究開発訓練センターを私達のすべての脳になって計画のCPUを教育させる、私達のすべての脳の教育計画に更に周到にならせる、更に科学的だ、更にシステム、延び性を更に備える。
仰ぎのぞむ高さは目の所のおよびの深さと広さにかかって、夢想する人がいるのにとって、仰ぎのぞむのは高さで、動力です。今日私達は共になぜKeylight北京教学研究センターの開業を祝うことができるのか、私が後ろに身辺とで1群立っていて高い人がいるためて、その中が私の家族を含む、私のチーム、私のパートナーがまだいる、あなた達のがとを払って努力して今日Keylight(中国)の全脳学院を注ぎ込んだので、あなた達の高さが幅とKeylightのすばらしい未来を決定するでした。もちろん私もKeylightすべての脳が第2段階のスタートを教育するのに従いを望んで、私達のこの梧桐樹はもっと多い金の鳳凰を引いてくることができて、いっしょに我が国の幼児の教育事業のために共に参加します。
教育するのは1つの比較的長くて複雑な過程で、以前まだ今のインターネットの時代なのにも関わらず、教育する核心内容はそれはつまり人の作成に対して、世界に対する貢献に変わることはでき(ありえ)ないですと。タゴールは文の話があります:“教育する目的は人に生命の息を転送するのであるべきです。”私は私達のたゆまぬ努力下で望んで、Keylight全脳学院はもっと多い子供と家庭を飛びかかってこのつの生きている生命の息を捉えさせる。“世に難事はなくて、隻怕有心人。”私はいかなるが行く場所に値するのを十分に知っていて、すべて近道がなくて、しかし私は“道が阻むのがしかも長いのをかたく信じて、行は着くでしょう。”私達のKeylightすべての脳に似通って計画のこの道を教育する前に行、派手でたおやかにイバラがかなりあって、最後に波を割って波を切って、ずっと青海原に到着します。
最後、再度みんなのが万障繰り合わしてご光臨することに感謝して、私達が連れ立って行きをも望んで、共にKeylightすべての脳の生態の小屋を製造するために努力奮闘します。

陝西大千教育管理有限公司

陝西大千教育管理有限会社 All Rights Reserved 陝ICP備16003160号-1   サイト制作:形意互動